トップ / 葬儀服装や作法などのマナー

葬儀服装や作法などのマナー

葬儀の身なりの注意点

参列

葬儀に参列するときのマナー

葬儀に参列する機会というのは、社会人になってからは特に多くなります。そこできっちりとマナーをおさえておかなくては、社会人として恥ずかしい想いをすることになりますので、最低限のマナーを覚えておくようにしましょう。葬儀は故人を偲ぶ最後の場所です。ご家族もいますので、気持ちに寄り添いながらしっかりと見送ってあげましょう。当然のことながら、服装は喪服がマストです。濃いめのメイクや装飾品は極力避けるようにしましょう。全身をブラックフォーマルで統一して、露出の少ない身だしなみが重要です。作法が分からないときは、落ち着いて周りの人の真似をするようにしましょう。

参列する際気をつけること

葬儀に参列する場合、さまざまなしきたりや方法があります。宗教や宗派によっての違いがありますが、共通する点も数多くあります。まず、服装やバッグは黒です。光沢の物、飾りがついているものは使用しません。中学生や高校生は制服、制服のないお子さんは地味目の服にします。忘れやすいのは数珠ですが、数珠は仏教由来のものです。神式やキリスト教では使用しないので持っていかないようにします。また、お香典は通夜の際お供えした場合は葬儀や告別式には記帳のみで構いません。ですが、地域によって、両方持っていく場所もあります。事前に確認をするか念のため持っていくと良いでしょう。

↑PAGE TOP