トップ / 葬儀の費用と業者選び

葬儀の費用と業者選び

葬儀の費用の相談を

参列

葬儀で遺族が知っておきたいこと

葬儀で遺族が知っておきたいことの筆頭にくるのは、費用の総額ではないでしょうか。費用としては、「葬式自体の費用」と「寺院費用」、そして「飲食接待費用」の大きく三つが必要とされています。最近では明朗会計をうたった葬儀業者さんも多いですが、この金額にさらに寺院に支払う費用、飲食費用も必要になりますので、この点は必ず業者さんに前もって確認をしておいた方が安心でしょう。このような金銭的な相談を丁寧にしてくれるかということを、業者さんを選ぶときの一つの基準にしてもよいかと思われます。また、お寺さんや仕出し弁当業者さんを紹介してくれる場合もあるかと思いますが、そこでもいいなりにならず時間のないなりに冷静な判断をしたほうがのちのちよかったと思えるのではないでしょうか。

遺族としての心構えとは

遺族にとって葬儀は非常に辛い、又神経を擦り減らすイベントです。会葬者にとっては2~3日の事ですが、当事者は先ず故人の死に直面しますがこれが一番辛い事です。そしてお葬式屋さんとの打ち合わせ、各方面への連絡、世話役との打ち合わせなど悲しんでいる余裕は有りません。筆者も父母の葬儀の際、同様の経験をしましたが、数十年を経てようやく父母との思い出が蘇ってきます。会葬者にとっては単なるイベントですが、彼らにとっては一番の出来事ですので、過度の係りは遠慮しましょう。イベントのあとのサポートの方がより大事です。順当な死去であれば遺族には次の責任が掛かって来ますので心して送り出しをしましょう。

↑PAGE TOP