トップ / 葬儀の進行に関して学ぶ

葬儀の進行に関して学ぶ

家族葬の役立つお話

参列

家族葬における葬儀委員長の役割

葬儀委員長は、進行についての多くのことに関わり、取り仕切る役目を負います。家族葬においては、かつては町内会の役員など、少なからず故人に関係する人物が選任されていましたが、現在は葬祭業者の担当者などが務めることも多く、選出について特に意識する必要が無い場合も多く見受けられます。主に式次第や案内、参列者に対する開始前の挨拶のほか、悲しみに暮れる喪主に代わっての挨拶など、葬儀をスムーズに進行させるだけでなく、喪主の負担を減らすための役割も担います。社葬の場合には、家族葬とは異なり、多くは会社の取締役等が務めます。

委員長の仕事とは何か

社葬や大きな告別式の場合、葬儀委員長をたてることがあります。委員長とはすべてを取り仕切る、最高責任者のような立場です。そのため、会社の社長や地域のトップの方がなり、名誉職と言われています。会社のトップが亡くなった場合は次期重役となる方が行います。仕事としては、受付係などの係の分担、打ち合わせ、式の進行管理、会計管理、挨拶、弔問客の出迎えがありますので、遺族にかわって葬儀をスムーズに執り行うため、全体を把握する必要があります。ですが、近年はセレモニーセンターの方で打ち合わせをし、司会進行もしているので、挨拶が重要な仕事となっています。

↑PAGE TOP