トップ

社葬の場合の葬儀案内状

葬儀を伝える場合

参列

葬儀での案内文の出し方

一般の葬儀では案内文を出すことはあまりありません。地元の新聞のお悔み欄に載せる、遺族が電話をしてお知らせする、という方法が一般的です。これは、通夜や告別式まであまり日がないことが理由にあげられます。案内文を出す葬儀として、社葬があります。社葬の場合日にちに余裕があることが多く、また、ビジネス的要素が含まれるので案内状を出します。その際、死去した人の名前、いつ死去したのか、日程と場所を簡潔に明記します。また、お香典や供物、供花を辞退する場合も文の最後に書くようにします。昔からの慣例で句読点は使用しないので、気をつけます。

案内文をFAXでする

昔は葬儀の案内文はがきで出すのが一般的でしたが、最近は会社の人間や近親者に不幸があった時、FAXが使われることがあり、それは自営業の人でも変わりません。そのような場合は死去の事実と葬式のスケジュールを要領よく知らせることが求められます。斎場までの案内図も一緒に添えると親切でいいと思いますし、葬儀の形態も書いてあれば見た方もそのための準備ができます。大型葬や社葬等は電話連絡ではどうしても間違いが生じやすいので、FAXやメールを使うのが便利です。まず代表者の方に連絡してその方から他の人に知らせてもらうようにします。

新着情報

↑PAGE TOP